【髪がパサパサ広がる】原因と綺麗にする方法をお伝えします

「髪がパサパサして広がるのが気になる」というお悩みのある方は多いのではないでしょうか。

髪がパサパサ広がる原因はいくつかあり、髪の状態・季節・使っているシャンプー剤など様々です。

今回はその原因についてと、パサパサ広がる髪を綺麗にする方法を詳しく解説いたします。

そしてご自宅でも簡単にできるケアから、美容院でパサパサ広がる髪を解決できるメニューまでご紹介させて頂きます。

皆様の髪のお悩みが、少しでも改善できれば幸いです。

空気の乾燥によってパサパサ広がる

季節によってお肌が乾燥しやすい時期は、髪も同じように乾燥しやすくなります。

髪が乾燥すると静電気なども起こりやすくなるため、髪がパサパサ広がる原因になるのです。

冬場に髪がパサパサ広がるのが気になるという場合は、季節による影響が大きいです。

対策としては、シャンプーやトリートメントを季節によって変えるとう方法があります。

また、普段はやっていないケアをプラスアルファで行うこともおすすめです。

例としては以下のような方法があります。

・ドライヤー前にアウトバストリートメントをつける

・シャンプー後に集中ケアのインバストリートメントをつける

・美容院でトリートメントメニューを施術する

ご自身に合った方法でケアして頂くことで、乾燥しやすい季節でもパサパサ広がる髪のお悩みが改善されます。

カラーやパーマのダメージによってパサパサ広がる

カラーやパーマなどは、薬剤の強さによってはダメージが大きいものもあります。

髪はダメージが進行するとタンパク質などの栄養素を失ってしまい、水分を閉じ込める力がなくなってパサパサ広がる状態になってしまいます。

カラーやパーマによるダメージを最小限に抑えるために必要なことは2つです。

まずは薬剤の内容成分が良いものを使用すること。

そして髪の状態に合った薬剤を適切に使用すること。

ミンクスでカラーやパーマなどをされているお客様は、髪への負担を最大限に抑えた施術をさせて頂いていますのでご安心ください。

また、カラーリングの頻度が1ヶ月に1回くらいの方は、2回に1回は根元のリタッチだけにするという方法もあります。

特に白髪染めをされている方は毛先の色が落ちていない場合が多いので、根元のリタッチで十分な場合も多いです。

髪質によってパサパサ広がる

「髪が乾燥しやすい、うねりがある」という方は、髪質によってパサパサ広がる状態になりやすいです。

乾燥しやすい髪質の方には、トリートメントなどでケアをするのがおすすめです。

トリートメントは髪質や乾燥の度合いによって、多くのメニューをご用意させて頂いています。

シャンプーのお席で簡単にできるトリートメントから、超音波アイロンを使った本格的なトリートメントまで、ご希望に合わせてご相談させて頂きます。

髪質でうねりがある方には、縮毛矯正でクセを伸ばす事でパサパサ広がる髪を収まりよくすることができます。

髪の毛はうねりが重なることによって広がる状態になり、パサパサ見えてしいます。

そのうねりを綺麗に伸ばすためには、縮毛矯正が最も効果的なメニューです。

また最近では「髪質改善」というメニューもあり、縮毛矯正とトリートメントの間くらいの仕上がりイメージになります。

こちらは髪のうねりを伸ばす縮毛矯正とは違い、うねりが弱く縮毛矯正をやる程でもない方へおすすめのメニューとなっています。

髪質によってパサパサ広がるのがお悩みの方には、このような美容院でのメニューがおすすめです。

産後の髪質の変化によってパサパサ広がる

産後は体調の変化によって、髪の毛に栄養が行き渡らないことがあると言われています。

そのため生えてきた髪が細くなったり、クセが出やすくなる場合があります。

それによってパサパサ広がる状態になる場合があります。

産後の髪の状態が安定する期間には個人差があると言われています。

まずは今の状態がより良くなるようなケアをしながら、心配しすぎずに様子を見るのが良いでしょう。

加齢による髪質の変化によってパサパサ広がる

髪質は年齢と共に変化していくため、今まではなかったうねりが出てきたり、髪が細くなったりすることがあります。

そのため、今まではパサパサ広がるのが気にならなかった方でも、髪質の変化によって気になってくることがあります。

そのような場合は、やはりシャンプーやトリートメント、サロンでのケアをしっかりされるのが最も効果的です。

最近は髪のエイジングによるお悩みのためのトリートメントメニュー・ヘアケア商品が多く出ています。

パサパサ広がる原因に合わせたケアをすることが、お悩みを解決するためには効果的です。

アイロンによる熱ダメージでパサパサ広がる

アイロンを毎日使われる方は、熱による髪へのダメージが蓄積しやすいです。

そのため、ダメージによって髪がパサパサ広がる状態になってしまいやすいのです。

アイロンによる熱ダメージが起こりやすいのは頻度の他に、同じ部分を何度も巻いてしまうということも挙げられます。

朝のスタイリングが上手くいかずに、毛先を何回もアイロンで巻いた経験のある方は多いかと思います。

対策としては、温度を下げる、頻度を減らす、同じ部分に何度もアイロンを入れないということが効果的です。

ヘアケア剤が合っていないとパサパサ広がる

シャンプー・トリートメントなどのヘアケア剤が髪に合っていないのも、パサパサ広がる原因になります。

シャンプーやトリートメントを変えてから髪のパサパサが気になるという方は、ヘアケア剤が髪質に合っていたいとう原因が考えられます。

例としてはオーガニックシャンプーなどは内容成分はとても良い商品ですが、髪質によっては手触りが物足りなく感じてしまう場合もあります。

シャンプー・トリートメントなどご自宅で使って頂く商品は、何を最優先に考えるかを基準に選んでいただくと良いでしょう。

特に髪がパサパサ広がるのがお悩みの方は、ヘアケア商品で改善できる場合がとても多いです。

髪のお手入れ方法によってパサパサ広がる

普段の何気ない髪のお手入れ方法が、実はパサパサ広がる髪を作っている場合があります。

代表的なのは、ドライヤーのかけ方です。

分かりやすい例ですと、ドライヤーの風邪を下から上に当てるとパサパサ広がる状態になりすいです。

ドライヤーの風はある程度乾いてきたら、上から下に当てると収まりやすくなります。

髪をクシでとかさないというのも、パサパサ広がる原因になってしまいます。

毛流れがバラバラになり、毛先があちこちに向いてしまいやすいためです。

そして意外と多いのが、ゴムやピンでまとめていた髪を外した時です。

まとめていた髪をほどくと跡がついていますが、これをそのままにしておくとパサパサ広がる状態になりやすいです。

このような時は軽くクシでとかすか、それでも直らない場合は少し濡らすと良いでしょう。

パサパサ広がる原因に合わせたケアを

髪がパサパサしたり広がるのが気になった事のある方は多いと思いますが

解決するために一番大切なのは原因に合わせたケアをする事です。

広がる原因がクセのうねりによるものなのに、カットで量を減らすだけでは逆に広がりやすくなってしまう場合もあります。

カットの技術だけではなく、トリートメントや縮毛矯正などの最新技術を駆使することによって、解決できるお悩みは以前よりもかなり増えています。

パサパサ広がる髪でお悩みの方は、ぜひ今後のヘアケアのご参考にして頂ければ幸いです。

ABOUTこの記事をかいた人

髪質や骨格に合わせた髪型というのはもちろんのこと、ライフスタイルを考えた上でどんなヘアスタイルがベストか、お客様としっかりコミュニケーションをとって考えさせていただきます。 生活が変化すると、なりたいイメージが変わったり、ヘアケアにかけられる時間が変わったりしますよね。イメージチェンジをしたいときは周りからも「いいね!」と思われるお似合いのヘアを、時短を叶えたいときはヘアケアもスタイリングも簡単なヘアを。そしてその両方が欲しいときは、時短も似合わせもカバーしたヘアスタイルをご提案いたします。 皆様の365日をより美しく輝かせるために、美容師という大好きな仕事を通じてお手伝いさせてください。