【低温デジタルパーマとは】メリットとおすすめの髪型をご紹介

パーマをかける時に、どの種類のパーマを選んだら良いか悩んだことのある方は多いのではないでしょうか。

普通のパーマ、デジタルパーマ、エアパーマなど、パーマの種類は髪質やデザインによって幅広くあります。

その中で、最近多くのお客様に人気のパーマが「低温デジタルパーマ」

「低温デジタルパーマとは?」と思われた方も多いかもしれませんが、今回はそんな低温デジタルパーマについて解説させて頂きます。

従来のデジタルパーマとは

従来のデジタルパーマは高温でかけるため、しっかりとしたカールを出したい方にはとても人気のパーマです。

しっかりとカールが形づけられるため、パーマが取れやすい方でも持ちを良くすることができます。

また、パーマがかかりにくい髪質の方でも、デジタルパーマなら綺麗にかけることができます。

その一方で、高温でかけることによるデメリットもあります。

高温でカールをしっかりとつけるため、髪の毛の仕上がりが硬くなりやすいという特徴があります。

ロングの巻き髪風スタイルの場合はアイロンで巻いたような質感が出るので良いですが、ボブ〜ミディアムくらいの柔らかいスタイルの場合は少し硬さが気になってしまう場合があります。

また、高温でデジタルパーマをかけるとタンパク変性が起こり、ダメージが出たりカラーの染まりにも影響をもたらすことがあります。

低温デジタルパーマとは

そんな従来のデジタルパーマのデメリットを改善したのが「低温デジタルパーマ」です。

「ゆるめにかかる、ナチュラルなデジタルパーマ」というイメージです。

それではメリットを4つ解説してきます。

低温デジタルパーマのメリット①柔らかい仕上がり

低温デジタルパーマの仕上がりは、従来のデジタルパーマよりもやわらかくなります。

今までデジタルパーマをかけた事のある方で、パーマが強すぎて上手く扱えなかったという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

それはカールがしっかりと形状記憶されているため、形を変えたい時に変えづらいためです。

特にボブ〜ミディアムくらいのスタイルの場合は、カールが硬いとスタイリングがしづらい場合があります。

低温デジタルパーマの場合はゆるくかかるので、乾かし方やスタイリング剤の付け方で形を変えやすいのが特徴です。

雰囲気としても柔らかい印象になり、ゆるふわパーマをかけたい方にはとてもおすすめです。

低温デジタルパーマのメリット②スタイルチェンジがしやすい

低温デジタルパーは仕上がりが柔らかい事で、次に髪型を変える時にもカールを生かしやすいです。

2ヶ月後に2センチカットをしたとしても、カールが柔らかい方が毛先の質感が馴染みやすいためです。

ボブ〜ミディアムの方は、定期的に髪型を変えたいという方も多いのではないでしょうか。

低温デジタルパーマなら、スタイルチェンジもしやすいのでおすすめです。

低温デジタルパーマのメリット③ダメージレス

低温デジタルパーマの大きなメリットとして、「薬剤がダメージレス」ということが挙げられます。

パーマをかけられている方の中には、カラーも同時にされている方もいらっしゃると思います。

パーマとカラーを一緒にすると、当然ダメージが気になってしまいますよね。

ミンクス銀座店の低温デジタルパーマは、ダメージの原因となる「アルカリ」が入っていない、トリートメント成分がたっぷり入った薬剤を使用しています。

低温デジタルパーマのメリット④短時間での施術が可能

従来のデジタルパーマだと、カットとパーマで約3時間くらいかかります。

それが低温デジタルパーマの場合は、2時間〜2時間30分くらいで施術が可能になります。

これは薬液の内容成分の違いと、パーマをかけるための工程が違うためです。

美容院で長時間の滞在が苦手という方にも、とても人気なのが低温デジタルパーマです。

低温デジタルパーマにおすすめのボブ・ミディアム

人気のウルフボブには、低温デジタルパーマがとてもおすすめです。

えりあしの柔らかいハネ感を出すためには、アイロンで外ハネに巻く必要があります。

毎日アイロンで巻ける方はそれで大丈夫ですが、巻くのが苦手な方や朝のセットを楽にして時間短縮されたい方も多いですよね。

また、表面のふんわりとした柔らかい質感を作ることもできます。

くびれ感のあるシルエットを作るためには、低温デジタルパーマはとても相性が良いです。

ゆるめのウェーブをつけたい時にも、低温デジタルパーマはおすすめです。

ワンカールよりも少し強いぐらいの、自然なニュアンスを出したい時にはぴったりです。

ハンドブローしてパーマを伸ばせばワンカールにもできるので、オンとオフで髪型を変えたい方にも人気があります。

ボブの毛先にワンカールの低温デジタルパーマをかけると、より洗練されたエレガントなスタイルにすることができます。

また、直毛で丸みが出づらい方、ボリュームが出づらい方にも、自然な丸みとボリュームをつけることができます。

低温デジタルパーマはぜひお任せ下さい

パーマは年に何回か、スタイルチェンジをされる時にかけるお客様も多いです。

低温デジタルパーマをかける事でデザインの幅が広がり、なりたいイメージの髪型を実現しやすくなります。

過去にデジタルパーマをかけてそれ以来という方でも、今の低温デジタルパーマの仕上がりはとてもナチュラルでダメージも少ないです。

気になる方はぜひカウンセリングで気軽にご相談ください。

【YouTube】蛭田のカット動画

ABOUTこの記事をかいた人

髪質や骨格に合わせた髪型というのはもちろんのこと、ライフスタイルを考えた上でどんなヘアスタイルがベストか、お客様としっかりコミュニケーションをとって考えさせていただきます。 生活が変化すると、なりたいイメージが変わったり、ヘアケアにかけられる時間が変わったりしますよね。イメージチェンジをしたいときは周りからも「いいね!」と思われるお似合いのヘアを、時短を叶えたいときはヘアケアもスタイリングも簡単なヘアを。そしてその両方が欲しいときは、時短も似合わせもカバーしたヘアスタイルをご提案いたします。 皆様の365日をより美しく輝かせるために、美容師という大好きな仕事を通じてお手伝いさせてください。